仙台Ⅰゾンタクラブ女子高校生自立支援

Posted by admin on 2007 年 9 月 18 日 under イベント

DSC01895小

 

 

 

 

2014年11月18日 仙台1ZC例会での贈呈式

 

 

2013年贈呈式

2013年11月19日 仙台ⅠZC例会での贈呈式

 

2012

2012年11月20日 仙台ⅠZC例会での贈呈式

 

社会への奉仕事業として、2007年から「仙台Ⅰゾンタクラブ女子高校生自立支援金」の事業を5年間の継続事業として開始しました。
「仙台Ⅰゾンタクラブ女子高校生自立支援金」とは、仙台市にある3つの児童養護施設(キリスト教育児院、仙台天使園、小百合園)の女子高校生が、高校卒業後、施設を離れて自立して行くための準備金です。
2007年9月18日、仙台Ⅰゾンタクラブ9月例会時に、仙台国際ホテルにて3つの施設への第1回の贈呈式が行われました。2010年には11月16日に、2011年11月15日、仙台1ZCの例会の席上で贈呈式を行いました。

仙台ⅠZCでは2007年から5年間の事業が大変有意義なものであったことから、2012年以降もこの事業を継続することにいたしました。2012年には11月20日、仙台ⅠZCの例会の席上で贈呈式を行いました。

2013年には11月19日の仙台ⅠZCの例会に、仙台天使園園長の佐野督郎様、小百合園園長の竹内久子様、キリスト教育児院院長の大阪欣哉様においでいただき、贈呈式を行いました。各施設でのお仕事の内容や、この支援金がどのように使われているのかを、お一人15分程度でお話しいただきました。その後、お食事もご一緒させていただき、会員との親交を深めることができました。

2014年には11月18日の例会に、昨年同様に3施設の園長様・院長様にご出席いただき贈呈式を行いました。今回も各施設の状況や支援金の使途、卒業生の進路についてお話しいただき、お食事もご一緒させていただきました。毎年各施設で開催されるクリスマス会等のイベントには仙台1ZCの会員が参加させていただき、生徒達とも親交を深めています。